読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メキシコ人と結婚したら

メキシコ人の夫と日本で生活中!国際結婚奮闘記!

結婚線

気まぐれ「ふたりの出会い」回顧録🌟

そしてちょっぴりスピリチュアルな回顧録🌟

 

子供の頃からスピリチュアルな母の影響で、自然と「目に見えない力」系のことには興味もあったし、受け入れてもいました。

で、私はほんとーにホレタハレタ話がなかったので、その度に自分の手相とか星占いとかを見て自分で自分を励ましていたのですが(笑)、昔からその手相に関しては、結婚線てやつが、濃い線がきれーーいに一本、左右にスーッと伸びていて、その他の線は一切ナシ!!だったのです。

 

母からは、「あんたにぴったりな人が突然すっと現れるんよ、人生に1人やね」と言われていました。

人生でただ1人か、、、と、若い私はちょっとがっかりした記憶があります。

 

時はたち、30を手前にした私。運命の1人はいつ現れるんじゃい!!未だに彼氏の1人もできないどころか、例のゴタゴタの真っ最中。そういえば、と、ふと結婚線を見ると、昔からある濃い一本線の下に、うすーーく、線が現れていたのです。ただ、その線は微妙にズレていて、おかしな話ですが、自分でもその時、その彼は運命の相手じゃないな、と直感で思ったのでした。

とはいえもうすぐ30歳!もう、一回くらい失敗してもいいから、とにかく誰かと付き合ってみたい!という人間的な欲求と、自分ではないと思っていたけどもやっぱりちょっと焦る気持ちと、目の前になんかちょっと違うけどうまくいきそうな感じの人がいる、(元)友達も焚き付けてくる!ということで、なんだかんだもがいていたなぁ〜〜( ´∀`)と、今振り返るとあの頃の私をよしよししてあげたい気持ちです(笑)。

 

それからぺぺに出会った経緯はこのブログで書いた通りです。

ぺぺと関係が深まるにつれ、今までにないトントン拍子ぶりに、色ボケとかそんなんじゃなく、真面目に、

「これがぴったりな人か!スーッと現れた!この、気持ち悪いほどピッタリあった結婚線の相手なんだ!」と思えました。

そしてまた、ぺぺもそういうスピリチュアルなことをすんなり受け入れる人だったのです。

今までに起こったことを話し、自分が思っていることを話した時、ぺぺは、

「すごい!!ぼくたちは探していた片われ同士だったんだね。ぼくは身のまわりに起こることはすべて意味があると思っているんだよ」と、普通の調子で言いました。そのことに私もとても心が晴れ晴れしたのを覚えています。

 

こういうスピリチュアルなことは、信じる信じないは個人で色々あると思いますが、ぺぺが自分と同じ考えを持っていることがとても嬉しかったのです。

 

さて、その結婚線ですが、左右の手の感情線の出発点どうしをピタッと合わせてご覧ください。過去しっかりしたお付き合いをしたことがあれば、何本かくっきりとした線が見えたりします。手相は変わるというのは本当で、私もそのうっすら線はあとから現れたものです。

 

恋愛のことだけでなく、仕事やそのほかのことも、運命の出来事はとにかくトントン拍子ぶりが段違い🌟

信じる人も信じない人も、一度自分の人生をふりかえってみると面白いかもしれません( ´∀`)