読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メキシコ人と結婚したら

メキシコ人の夫と日本で生活中!国際結婚奮闘記!

スペ語と日本語の共通?性

スペイン語を習ってる人ならちょいちょい思ったことあると思うんですが、スペイン語で、意味とかは全く違うけれど、日本語でもそれ、意味があるよ!っていう単語が割と多いんです。

 

それに、ほぼローマ字読みで発音できるので、日本人にやさしい♪

 

そこで今回は、スペ語←→日本語おもしろミニ講座を🌟

 

まずは、よく一般的におもしろがられる代表格!

バカとアホ。

 

知ってる人も多いかも?

 

バカはスペ語でVaca、意味は「牛」です。

アホはスペ語でAjo、意味は「にんにく」

ちなみににんにくスープは、「Sopa de ajo(ソパ・デ・アホ)」です 笑

 

で、私が学生の頃、ボリビア人の先生が、「Busはブス!」と言って教室中が笑いの渦に包まれたのですが、ぺぺ曰くブスは日常ほとんど使わないそうです。。

では何というかというと、「カミオン」だそうです。

 

ちなみに、ちっちゃいバスは「ミニブス」!!ということで、教室が再び笑いの渦に巻き込まれたことは言うまでもありません。

 

ぺぺに、「ブスって、日本語では可愛くない女の子に対する酷い言い方だよ」と教えると、「そうなの〜〜!!ひどーーい!!」と喜んで?いました( ´∀`)

 

で、ここからオトナの類似スペ語❤️笑

 

なんと、スペ語で「チチ」は、女子のムネを意味する俗語だそうです!

でも、ちょっと良くない言い方なので、もちろん褒めたりするときには使いません。

例えばクラブでめっちゃ爆乳の子がいたとして、「あの子のチチ、めっちゃいいやん〜」みたいなニュアンスで使います(笑)

 

で、スペイン語吹き替えバージョンのドラゴンボールでは、悟空の奥さんの名前である「チチ」が、「ミルク」という名前に置き換わっているそうです!

 

これまた絶妙な置き換え・・・。。

 

ともあれ、スペ語はとっても面白いです🌟

また類似スペ語が出てきたら紹介しますね〜(*´∇`*)