メキシコ人と結婚したら

メキシコ人の夫と日本で生活中!国際結婚奮闘記!

自己肯定力

トリバゴのコマーシャルに出てる金髪の可愛いなんだか不思議な日本語を喋るおねえさん、いるじゃないですか。

彼女の日本語を聞いてぺぺが、

「わたしのにほんごはぁー、アクセントはこのくらいですか?」

わたし「や、ぺぺのほうがもっとアクセントある」

ぺぺ「ひどいーーーー!ひどい!・・・・けどしょうがない」

 

と、ちょっと凹んでいました。だってそうなんだもん!

 

ぺぺはもちろん、だいぶ日本語うまくなったんですが、言ってもまだまだです。

ですが、家族とビデオコールしてると、時々得意げにわたしと日本語で会話して、家族から「おおーー!」と歓声を受けています。そして得意げなぺぺ・・・

 

かわいい、否、なんだこりゃ。ちょっと恥ずかしいぞ。

 

でもこれって、日本人の感覚だな!と思うのです。

だって、わたしがカナダに留学してた時も、日本好きのカナダ人がよく

「ぼく、にほんごしゃべれるよ!知ってるよ!」と釣って?きたもんです。

でも、

コンニチハーとか、

スーシー

とか、

サムラーイ

 

とか言われて、

「ね?知ってるでしょ?すごいでしょ?」みたいな人がほとんどでした 笑

 

それはそれで面白かったのですが、これ、日本人なら絶対に自分から「知ってる」とか言わないレベルだよな・・・としみじみ思っていたのです。

 

反対にわたしが「英語少しだけわかる」と言って話すと、

「少しだけじゃないじゃないか!完璧だよ!!すごいよ!」とすんげー褒めてくれます。

 

いやーーやめてーーー!!!となんかいたたまれなくなったもんです。

 

が、日本人の求める「〇〇語知ってる」のレベルって、かなり高いですよね。

 

英語なら、字幕なしで映画が100%わかって、学術書とかも読めて、NASAの会議とかにも難なく参加できる=「わたし英語できるよ」を名乗れる、的な(笑)

 

だから街には、けっこうだいたい英語わかるのに、

むりむりむりむり!!っていう人が多いんだな〜と思うのです。

あと、シャイですしね。

 

ぺぺを見てると、この、謙虚さ・・・・・

ない。10パーセントくらいしかない。

 

しかしこういう自己肯定力こそ、わたしには必要なのかもしれない・・・

 

ぺぺが堂々ということの1つに、こんな言葉があります。

I'm happy who I am

(ぼくはこのままのぼくで幸せ)

 

すごい自己肯定力だ!!!!!こういう思考だから、いわゆる「陽気だ」「ほがらかだ」っていう雰囲気が醸し出されるんだろうなぁ〜〜

だからわたしも、外国のそういう雰囲気が好きなんだなぁ〜〜。

 

この褒められない日本社会において、たまにいたたまれなくなるぐらいべた褒めされるのも国際結婚のいいところですよ( ´∀`)笑

身近な人ひとのこともたまにはべた褒めしてみるといいのではないでしょうか??

 

そういえば、ぴったりの歌ありますよ。大学の頃好きだった、

HOME MADE家族の、「ホメられると伸びるタイプ」っていう歌・・・

興味あったら聞いて見てください♪♪

 

ちなみにそんなぺぺ、わたしのスペイン語のアクセントには厳しいんですよ!!

そこはホメんかい!!

 

 

 

広告を非表示にする