メキシコ人と結婚したら

メキシコ人の夫と日本で生活中!国際結婚奮闘記!

メキシコの医療事情

メキシコの思い出ブログの合間に、ブレイク記事………

というのも、突然ですがわたくし、新年早々、体調を崩して職場のトイレでぶっ倒れ、救急搬送されるという失態をおかしました。

ぺぺはもちろん、ビックリ仰天、おったまげ~❗
幸い家から近い病院に運ばれたため、元サッカー選手らしく?ダッシュで駆けつけてくれたぺぺなのでした。

いやー、私自身もおったまげ~❗
意識がもうろうとするなか、点滴の量を決めるためか、看護婦さんにすごい勢いで体重を聞かれ、正直に答えざるを得ず、再びダイエットを誓ったのであった。ちーん。。

みなさん、ぜひ健康にはお気を付けください。
健康ってすばらしい❗

というわけで、表題です。

メキシコの医療制度ってどうなってるの?

というのも、日本に来てぺぺが感動していたことのひとつが医療制度。
日本では、保険証によって行くことができる病院や、受けられる医療サービスに差がないですよね。

でも、メキシコではそうじゃないらしいのです。
ちゃんと自分である程度いい保険に入っておかないと、いい病院に行くことができません。加入している保険のランクによって、行ける病院が振り分けられます。
つまり、限られた安い被保険者用の病院にしか行けないということになります。

そして、ちゃんといい保険に入っていないと、今すぐ治療が必要な病気が見つかったとしても、
「手術待ってる人が50人いるので、あなたは3ヶ月後ですね」
とか、平気で言われるそうです。
たとえ診断が「今すぐ手術しないと余命1ヶ月」でも、です。

つまり、貧富の差=医療サービスの差。

これ、けっこうビックリしました。
日本では、そこはむしろ保護されているパートというか、まぁ細かく言えば色々問題はあるかもしれませんが、行ける病院が限られるってことはないですもんね……

メキシコはかなりシビアな医療制度ってことになりますね。

ちなみに、メキシコの医療技術は高く、アメリカやカナダにもひけをとらないとか。
マニュアル通りでない臨機応変な対応・考察をしてくれる医者が多いそうですよ✨

日本は最近制度も変わって、まず小さい病院にいって診察→紹介状………とかっていうのが、ぺぺには
「信じられない」らしく、いやがっていました(笑)

まぁ、それぞれ良し悪しですが、最初の門戸が閉ざされていないという点は、ぺぺに言わせると
「感動モノ✨」
だそうですよ(*´ー`*)♪

Feliz Año Nuevo!!

明けましておめでとうございます🎍🌅🎍

去年の年末年始はメキシコでしたが、今年は日本の実家でまったりしております。

 

今年はもっと頻繁に、そして定期的にブログを更新するのが目標です!!

イラストもまたぼちぼち描きたいな………

 

皆さま、今年ももよろしくお願いいたします⭐︎⭐︎

カボのおしゃれカフェ

わたくし、カフェが大好きです。

おしゃれ空間でおいしいコーヒーと楽しい会話っていう組み合わせがとっても大好きです。

チェーンでもこだわりカフェでも構いませんが、「居心地いい」っていうのが条件ですね。

 

そんな私が大好きになったカボのカフェがこちら!!

 

カフェ・フマリ⭐︎⭐︎

f:id:pepeaiko:20181229120847j:plain

こちら、屋外の席です。

12月でも全然気持ちいい!

このカフェ、ジェンガやオセロといったゲームを借りて楽しむことができます。

私たちもジェンガを借りて大盛り上がり⭐︎

 

メキシコ人のすごいところ、それは何事にも全力で向かうことです。

したがって、全員が勝ちに来ます。

そう、例えジェンガであっても。

 

そして、

自分じゃない誰かが失敗すると思いっきり喜びます(笑)

 

何事にも真剣って、日本だといつからか大人気ないとか、馬鹿らしいとか、そういう空気になりがちな気がしますが、メキシコはむしろ大人も子供も関係ない!ですね。

ピニャータを割った後の争奪戦も、凄まじいです(笑)

 

このカフェ、飲み物もおいしい!

私が気に入ったのはアーモンドラテ⭐︎

f:id:pepeaiko:20181229121529j:plain

この、スマイルマークが可愛いのです〜〜❤️

 

ちなみにこのカフェ、水タバコもできます。

私はそういうのは興味がないのでしませんが……

 

ま、カフェの名前もフマリですしね。

フマール=スモーク、ということですヽ(´ー`)

 

そして、ここの店員さんがほぼ全員、フェミニンな感じ!!

私、そういうの大好きなので、そこもポイント高かったです😆

そういえば、ドラッグストアで一緒にドライヤー探してくれた人も包み隠さずフェミニンでしたね……その話はまたおいおい⭐︎

 

また里帰りした時には是非行きたいカフェです☕️✨

 

カボのおしゃれカフェ

わたくし、カフェが大好きです。

おしゃれ空間でおいしいコーヒーと楽しい会話っていう組み合わせがとっても大好きです。

チェーンでもこだわりカフェでも構いませんが、「居心地いい」っていうのが条件ですね。

 

そんな私が大好きになったカボのカフェがこちら!!

 

カフェ・フマリ⭐︎⭐︎

f:id:pepeaiko:20181229120847j:plain

こちら、屋外の席です。

12月でも全然気持ちいい!

このカフェ、ジェンガやオセロといったゲームを借りて楽しむことができます。

私たちもジェンガを借りて大盛り上がり⭐︎

 

メキシコ人のすごいところ、それは何事にも全力で向かうことです。

したがって、全員が勝ちに来ます。

そう、例えジェンガであっても。

 

そして、

自分じゃない誰かが失敗すると思いっきり喜びます(笑)

 

何事にも真剣って、日本だといつからか大人気ないとか、馬鹿らしいとか、そういう空気になりがちな気がしますが、メキシコはむしろ大人も子供も関係ない!ですね。

ピニャータを割った後の争奪戦も、凄まじいです(笑)

 

このカフェ、飲み物もおいしい!

私が気に入ったのはアーモンドラテ⭐︎

f:id:pepeaiko:20181229121529j:plain

この、スマイルマークが可愛いのです〜〜❤️

 

ちなみにこのカフェ、水タバコもできます。

私はそういうのは興味がないのでしませんが……

 

ま、カフェの名前もフマリですしね。

フマール=スモーク、ということですヽ(´ー`)

 

そして、ここの店員さんがほぼ全員、フェミニンな感じ!!

私、そういうの大好きなので、そこもポイント高かったです😆

そういえば、ドラッグストアで一緒にドライヤー探してくれた人も包み隠さずフェミニンでしたね……その話はまたおいおい⭐︎

 

また里帰りした時には是非行きたいカフェです☕️✨

 

スペ語の現場から

大げさな?タイトルですが、現地に行ってみて、生でスペ語ネイティブ同士の会話を聞いていると、頻繁に耳にする「音」ってありますよね!

 

帰省した際は、それこそ人生初のメキシコどっぷり暮らしだったのですが、

やっぱり教科書で習ったのとは違う生きてるスペ語が聞けたのも面白かったです!

 

というわけで、短いながらも私が学んだ、メキシカンスラング?をご紹介!

 

エピソード❶

旦那が、いとこたちや妹弟に、「日本ではこうなんだぜ〜」的な話をしていた時に頻繁に帰ってくる相槌

「ネタ?」「ネタ?」

これ、日本語にすると、

「マジで?」

 

よくきいいていたら、ぺぺの両親やおじさんやおばさんなど、ちょい年齢層高めの人たちは使いませんでしたね〜。私の記憶の限りでは。

おそらく若者言葉なのかな?

とにかく同い年くらいのいとこたちが連発していました。

覚えやすい!

 

エピソード❷

旦那が、弟や友達、年の近いいとこたちと話す時に頻繁に語尾につけていた、

「ウェイ」

なにか話すたびにウェイウェイ言ってるのでなんだろ?と思って聞いていました。

これ、音自体に意味はないですが、

「〜だぜ」「〜だろ」的な、より男らしく?なる感嘆句的なものらしいです。

ちなみに妹は一切使わなかったし、

年上には失礼になるのでもちろん使いません。

「Si (Yes) weyyy」→「わかったっつってんだろ〜」(訳はシチュエーションによる)

みたいな感じですかね〜。

よいこのぼくちゃんと紳士淑女のみなさんは使わないでください(笑)

 

エピソード❸

日本の写真を見せたりしていた時に頻出した感想

「チド!」

訳すと、

「スゲ〜」「すご〜い」「イケてる〜」(←今風に言うと「ヤバ〜イ」なんでしょうけど、個人的に「すごい」って意味で使う「ヤバイ」は好きじゃないのであえて「イケてる」で 笑)

 

男女兼用で、若者向きですね、おそらく。

「ネタ?」と一緒で、オトナ層は使ってなかったです、私が聞く限り👂

ちなみに、❷と組み合わせると、

「Que chido weyyyyy」「スッゲーーな!」

みたいになります(笑)

 

エピソード❹

こちらも会話の最後につけてた、

「セ?」

なにそれ!?って思って聞いてみたら、

「ね?」

みたいなニュアンスで使うそうです。

例えば、よく耳にした

「グラシアス、セ?」

→ありがとう、ね!

 

この、「〜セ?」は、年代問わず使っていました。

カフェで店員さんが食事を持ってきてくれたら

「グラシアス、セ?」

みたいな。

私たちが帰国する時は、

「クイダテ、セ?」(体に気をつけて、ね?)

みたいな。

頻度高く使われていましたよ!

 

「ね?」のニュアンスの他にも、

「でしょ?」「いい?」

と念押しするような用途もあるみたいでした。

 

かつて、大学時代に面白い友達が、

「英語ができなくても、『アハ、アハ〜』って相槌打ってれば英語ができるように見える!」って豪語してましたが、こういうちょっとした感嘆詞とか使うだけでネイティブが喜ぶかもですね?

間違ってかしこまった場面や年上には使わないようにしてくださいね〜⭐︎

カボのお食事②

前回、「かしこ!」を覚えたぺぺですが、

最近は私が「行ってきまーす」というと、

「いてらー」と言います。

 

だから、どこでそれを・・・・・。

 

さて、前回スタイルで行くと、私は糖質制限ダイエットをしていたのですが、

なんか向いてないな・・・と思い(言い訳じゃないですよ!けっこう本格的にカットしてましたから!)、ふつうに油分とかに気をつけて筋トレ・ストレッチ系に切り替えたところ、ちょい効果が出てきたように感じます。

本とか見てると、糖質制限ダイエットは人によっては向かない(効果が出づらい)人んもいるみたいですね〜😭

というわけで私は王道に切り替えました。

 

という、私のダイエット事情は置いといて、

今日はカボでのお食事第二弾!!

 

メキシコというと、メキシコ料理しかないとか、思ってる方も多いと思いますが、そんなことはありません。ただ、他国の料理のクオリティは日本のようによくありません。例えば中華料理。メキシコの中華料理はひどいです。

 

日本に来たての頃、ぺぺとご飯に行く時に、「中華料理にしよう」って言ったんです。だいたいみんな好きだし、外れないし・・・

しかし、ぺぺ、

「中華料理はまずいからキライ」

というではありませんか!!

 

中華料理がマズイとな!!!!

 

そこでレストランの前に連れて行き、料理サンプルを見せてみると、ぺぺから驚きの一言が!

 

「これ、中華料理?僕が知ってる中華料理と全然ちがう・・・」

 

そこで初めて、ぺぺが今まで「本当の」中華料理を食べたことがないことを知りました。試しに日本の中華料理店に入ってみてびっくりのぺぺ。

今ではすっかり小籠包とチャーハンの虜です。

 

そんな前置きがあって、カボで目にした中華料理を見て、ぺぺが「キライ」というのも納得!!

まず、レストランスタイルではなく、バイキング形式で、よくわからない炒め物系が並んでいます。見るからに美味しくなさそうというか。。。

さすがに写真は撮れませんでしたが、とにかく定番の中華料理はない!

クリエイティブな中華料理でした(笑)

探せばメキシコでも本格的なところもあるんだろうけど、少なくともぺぺが知る限り、カボにはなさそうです。

 

日本料理も、場所を選んでいかないと、クラッピーな場所は沢山あります。欧米の国々にありがちな、それ風のものを日本料理と言って売る、みたいな感じですかね?

 

と、まあ前置きがかなり長くなってしまいましたが、カボで行った、メキシコ料理以外の美味しいお店をご紹介⭐︎

 

その①

屋外のおしゃれハンバーガーレストラン

f:id:pepeaiko:20181109223058j:plain

オーナーのこだわりか、ジャズが流れるおしゃれ空間。

お庭にテーブルを並べたようなアットホームな空間でお洒落なバーガーがいただけます。

飲み物も全てオリジナル。

私はアボカドバーガーを注文⭐︎

f:id:pepeaiko:20181109223303j:plain

こちらはドリンク。

自家製ジューサーで作ったジュースで、私はさっぱりシトラスを注文。めちゃくちゃ美味しかった!!!横の黄色っぽいのはパイナップル系だった・・・はず。

f:id:pepeaiko:20181109223449j:plain

かなり満足・満腹なディナーでした♪♪

ちなみにここはダウンタウンに近いんですが、かなりローカルな場所だったので、地元気分を味わうのにもぴったりでした⭐︎

 

ダウンタウンには一応マクドナルドもありましたよ(笑)

 

カボのお食事、まだまだ続きます⭐︎⭐︎

カボでのお食事①

きょう、ぺぺと話していて、私が

「わかった?」と言ったら、

「かしこ!」という答えが返ってきました。。。。

どこでそれを・・・・。

 

さて、今日のお題はカボでのお食事。

そんな記事を書いている私は、糖質制限ダイエットを始めました 笑。

慣れない雪国で、いつも体型維持に貢献してくれていた「夏バテ期間」がなくなり、

むくむくと太っていったわたし・・・

太っただけならまだしも、体調が悪くなったのです!これはいかん、ということで、

人生初、本格ダイエットを開始!

ウォーキングも加えて、滑り出しいい感じです⭐︎

 

と、そんな私の近況はさておき、表題、カボのお食事。

最初に訪れたグアダラハラとは違い、カボはシーフードも美味しいのです!

その代表格がこちらの料理。

⭐︎セビーチェ⭐︎

f:id:pepeaiko:20181014190818j:plain

白身の魚ときゅうり・トマト・紫玉ねぎをチョップしてまぜ、ライム汁と塩コショーをたーーーっぷり絡ませた一品🌟お好みでスパイシーソースをかけて、トスターダスに乗せて食べるのですが、やみつきになる美味しさ!!!!

ソースやトスターダスはこんな感じ↓↓

f:id:pepeaiko:20181014191421j:plainうまし〜〜⭐︎⭐︎

ちなみにレストランによってちょっとずつ違う味なんですが、全部美味しい!!!!

これはビーチサイドのレストランで出てきたセビーチェ↓↓

f:id:pepeaiko:20181014191602j:plain

写真撮り忘れましたが、もう一つ違うレストランで頼んだセビーチェはすでにスパイシーソースが絡ませてあったので、辛いの苦手な人はその辺要確認です!

けっこう辛かったですよ〜〜😂

私は辛いの大好物なので何とか食べましたが、口の中がヒリヒリ!!

辛いの苦手な旦那は残してました(笑)

 

これは間違いなく、私の超お気に入りフードとなったのでした⭐︎

 

ちなみにこのビーチサイドのレストランに行った時はちょうどハッピーアワーで、飲み物を注文すると自動的にダブルで届く!ということで、本場のモヒートを注文。

f:id:pepeaiko:20181014191948j:plain

ビターな大人のモヒートでした⭐︎

テーブルクロスも可愛いのです💖

 

さて、カボのビーチにはほぼどこでも岩場があって、間には日本人の大好物が!

f:id:pepeaiko:20181014192341j:plain

うに!!!!!

しかーし、メキシカンたち、なんとうには食べないそうで、野放し・・・。

日本と同じ種類なのかはわかりませんが、お国違えば高級食材も違う、というわけで・・・。

 

そんなわけでカボのお食事第一弾はこのへんで⭐︎⭐︎

ブログを書いていると、メキシコに行きたくなる〜〜✈️