メキシコ人と結婚したら

メキシコ人の夫と日本で生活中!国際結婚奮闘記!

ストリート○○

もう7月!!
セミが鳴いていますね~✴️

さてさて、本題に入る前に、国際結婚の「現実」をひとつレポ。

それは、もし、日本語があまりしゃべれない外国人パートナーと日本で暮らすということは、でっかい子どもがひとりいるのと一緒❗ということです。

・具合が悪いときの病院への付き添いと通訳
・健康診断付き添いと通訳
・ほしいものがお店にあるか、予約できるか等を店頭で聞く
・マッサージなどの予約電話など、電話全般
・旦那が仕事を休むときの連絡(これは勤めてる会社や上司によりますね。相手が英語がわかるかどうか……)
・保険など切り替え手続きの代行

などなど。

これ、別に愚痴ではありません。現実です。
普通の日本人男性なら自分で全部やってくれることを、代わりにやらなきゃいけないって事がけっこうあります。
時には、仕事を休んだり半休も。
自分が忙しいと、たまにストレスだと感じることもありますが、そういうのも全部含めて国際結婚。
私はけっこう楽しめています🌟

ぺぺは、散髪などは自分で飛び込みで行ってくれるし、買い物も自分で行ってくれるし、最初に比べたらだいぶ自立してきてくれました(^_^)
そういう夫の成長を見るのも楽しみのひとつですね(笑)

最近、ぺぺが体調崩して夜間の診療に付き添ったので、書いてみました↑↑

さてさて、タイトルの本題に。
最近、野犬が話題になっていましたよね。
一緒にニュースを見てて、ぺぺがひとこと。
「何が問題なの?」

そう!メキシコはストリートドッグだらけ🐕🐕🐕
ほんとうに、町中にストリートドッグは珍しくありません。
なんなら、ストリートチキンも見かけました❗
誰かの飼いチキンだとは思いますが……

ちなみに、チワワはメキシコで生まれた犬種。
メキシコでは一匹3万円くらいだそうですが、日本みたいにブリーダー制度などは特にないそうなので、個人で繁殖させて売っている人もたくさんいるそうです。ぺぺんちは動物病院で、自分たちでもチワワとドーベルマンを飼っていて、子どもが生まれたら売ったりあげたりしていたそうですよ🐶

そんなわけで、ストリートチワワもたまに見かけます!
ただ……チワワはやはり人気の犬種なので、ストリートチワワは大概誰かが捕まえて飼い始めるそうです。こわいのは、自分の家から逃げ出したチワワを誰かが捕まえると、そのまま持ち去られるパターンが多いのだとか😫
メキシコではみんなだいたいパティオで犬を飼っているので、門を開けた時などに逃げ出しちゃう事があるんですね~。

そうそう、犬を横取りと言えば、カボに犬の訓練所があるんですね。
そこに、ぺぺの知り合いが、ペットの珍しい犬種の犬を預けたんだそうです。
訓練期間が終わり迎えにいくと、なんと返してくれない❗❗
結局返してくれないまま、横取りされたのだそうです。。
ちなみに、その訓練所、里帰りしたときはまだありましたよ………
おそるべし、メヒコ😱

というわけで、表題トピックより雑情報が多い今回の記事でした(´∀`)テヘペロ

ベタベタ

もはや、1回目のメキシコ帰省について、何を書いて何を書いてないかがごっちゃになっているダメブロガーですが(笑)、ぼちぼち思い出しつつアップしていこうと思います☺️

早くまたメキシコ帰省したいなぁ~👯‍♀️

さて、今回は表題の「ベタベタ」。
メキシコ家族はベタベタします。

兄妹でハグ、親子でハグ。
ぺぺんちは妹はハタチ超えてますが、お父さんの膝に座っちゃったりしますし、弟もお父さんの髪をナデナデしたり、買い物中お母さんに後ろから抱きついたまま歩いたり………

これ、決してぺぺの家族が特別なわけではありません。

特にメキシコの家族において、お母さんは特別。
何かあればすぐにママを呼びます。

私の大学時代のメキシコ人の友達(女の子)は、
私がぺぺの家族と初めて会うといったとき、

「ひとつアドバイスさせて。メキシコ人にとってお母さんは特別なのよ。だから、お母さんと良い関係を築いてね🎵」

と言われました(^_^;)

嫁姑問題のようでこわっ!とちょっとよぎったものの、そこはぺぺのお母さん。
すごく素敵な女性で、気遣いにあふれ、愛情深い女性でした。

ぺぺに、この事実を確認したところ、これは本当。
お母さんは特別だそうです。

ぺぺはメキシコ人としてはそんなにベタベタしないですが、買い物に行ったら荷物は当然もち、ドアは開けてあげて、彼女のように扱います(笑)

でも決してマザコンな感じではないですよ✨

ちなみに数あるピーもののスラングも、両親には絶対使いません。
(不良な子はわかりませんが 笑)

喧嘩しても最終的に引きます。
ママは強し❗

ちなみに、親は子供にさほどベタベタしません。
むしろ奥さんや彼女・彼氏がいるならそっちにいきなさいよって感じです。
もちろん、出かける時や帰ってきた時、ハグしてほっぺにチュッとする挨拶は毎回します。
し、私にもしてくれます。

「うちの息子はこれが好きだから〜」的なことも言いませんし、
ぺぺがうっかり?
「やっぱりママの料理が一番美味しい」と行った時なんかは、
「なんてこというの!あいこ、ごめんね〜〜、ほんとにこの子は!!」と怒ってくれ、
妹も
「私の旦那がもしそんなこと言ったら二度とご飯作ってあげない」
と攻め立ててくれました 笑

私としては、まったく腹は立ちませんでした。
旦那が日本人だったらもちろん妹と同じ気持ちになったと思いますが、やっぱりそこは外国人と結婚していいところなんですかね?
そもそも比べる土壌にないので、ぺぺが「ママの料理が一番美味しい」と言ったのも他意はないのはわかるし、メキシコ料理だったらそりゃママが一番だろうなあと思ったくらいです。
ぺぺもそのつもりだったようで、「何が悪いの?」と言っていましたが( ´ ▽ ` )
私は一言、
「もし私がメキシコ人だったら怒ってるからね」
と言いました😂

ちなみに、女友達にもあったらハグしてほっぺにチュッとします!
反対にぺぺの男友達ともあいさつでハグしますので、ハグハグ文化ですね。
クリスマスに親戚一同集まった時なんかは、ひとりひとりハグするので、こんにちはとさようならだけで20分ぐらいかかります😂😂
そしてどんどん時間が押して行って、なあなあになるけど、みんな平気です😂

あ、そういえば、ぺぺの従兄弟も自分たちのお母さんやお父さんにベタベタしてましたよ⭐︎

いっちばん最初に空港でぺぺの家族と会う時に、弟と妹がぺぺにチャットで、
「挨拶のときハグしたいけど、あいこがびっくりするかもしれないし、日本の文化的に失礼かもしれないけどどうかな?」
と聞いてきて、私は
「もちろんハグで!」
と答えました。
郷に入っては郷に従え、がモットーなので 笑
そして私の母親はけっこうハグ魔なので、日本人にしてはハグ慣れしている私なのでした💝


次回はそんなベタベタ文化のその2です⭐︎あ

お土産は?

日本の文化のひとつ、お土産。
実はメキシコでは、義務的なお土産文化はありません。あげたいからあげる、という文化です。
(が、親戚の誰かだけにはあげないとか、ロコツなことはもちろんないですよ!常識の範囲です)

私が出張にいったり、はたまた私たちがどこかへ旅行などで行ったときは、職場にお土産なしっていうのはあまりないかなぁというのが私たちの感覚だと思いますが、ぺぺには最初、「なんでかわなきゃいけないの」と言われたもんです 笑
ぺぺにもその辺は日本文化として説明して納得してもらっているので、今では当たり前にお土産を買いますが、最初は目をパチクリさせていたぺぺでした。

ちなみに、お中元やお歳暮のことも一応説明しましたが、こっちは「なんじゃそりゃぁぁぁ‼️」って感じで全く受け入れてなかったですね(*´・ω・`)b
私は割愛タイプなので、問題ありませんが😃

さて、
ぺぺのご両親&きょうだい&親戚と初対面したとき、お土産に何を持っていったかを振り返ります✨🎁✨

私の両親はもちろんバリバリのジャパニーズとして、かなり気にしていました。
当時私たちは札幌に住んでいたので、一緒に選ぶことができなかったため、両親から頼まれたものを買うことに。

ぺぺのご両親へのお土産に選んだのは、
●桐箱に入った今治の高級タオルセット
●桜のデザインのペアカップ

です。
タオルは今考えるとかなり日本人的な発想でしたが、ぺぺの実家はリゾート地ビーチ文化ということと、タオルは万国共通邪魔にならないということで、喜ばれました✨
さらに喜ばれたのは、もちろん桜のカップ🌸
桜はやはり最強です😆🌸🌸
こちらも桐箱に入っていて、結果的にぺぺのお父さんが一番興味を持ったのが桐箱だったという(笑)

そして、お土産を差し上げる時には説明必須です。
間違っても
「つまらないものですが」なんていわないこと!
基本、こういう日本的謙遜は一切通じないばかりか、なぜそれを選んだかわからないままです。

特にタオルなんて、なんにも言わなければ「なんでそれ?」状態です。
ちなみにタオル、私はこう説明しました。
「これは日本でも有名な質の良いタオルで、人気の品です。肌触りが心地よくて、洗ってもフワフワが長続きしますし、私たちもお気に入りなのでぜひ」

こう言うと、ご両親は、
なるほど~✨
というかんじで、まじまじとタオルを眺めたり触ったりして、made in Japan のタグも気に入ってくれました。

一方グラスは言わずもがな✨
見た瞬間、かわいい~さくら~✨と喜んでくれました。
ひとつ反省は、メキシコのひと、あまり小さいグラスは使う習慣がありません(笑)
常にマグカップサイズを使っているので、一回り大きいのにすればよかったかなぁと思いましたが、
「作りが小さい」っていうのも日本的ではありますので、そこは愛嬌で😃

とにかく気に入ってもらえたようで安心しました(^_^)💡

妹へのお土産は、日本のadidasで見つけたパーカー。アクティブな妹へ、世界共通ブランドで😃
ここは、日本的な小物とかも考えたのですが、ぺぺ調べではパーカーのほうが喜ぶだろうという結論に。
そして、妹が常々興味を示していた「抹茶味のお菓子」を大量にプレゼント✨
抹茶チョコ、抹茶サブレなどを調達し、とても喜んでくれました🍵

弟へは、漢字Tシャツ👕
空港で買ったのですが、ぺぺが
「これにする~」と言って選んだTシャツには、どど~んと
「七ツ梅」のロゴ!!
お酒やないかい!!
ちなみに弟に、「このロゴ、なんて書いてるの?」と聞かれて、日本酒の名前……って言ったら爆笑してました🤣
向こうのお土産店にはTequilaって書いたTシャツ売ってたから、考えることはみんな一緒なんですねぇ~笑笑

クリスマスで集まった親戚一同には、日本の模様(富士山とか染模様とか)がはいったふきんを大量購入して配りまわりました。
ちなみにこんなやつ↓

f:id:pepeaiko:20190524232938p:plain

イラストが日本的なのと、ふきんも当然邪魔にならないため、すごく人気でしたよ✨

そして、親戚のこどもたちに大大大人気だったのが、だるま落としです❗
みんな夢中😌♥️
一番落とせた子にプレゼントしたら、何度も
「グラシアス!」ってお礼を言って喜んでくれましたよ✨

あ、それから、忘れちゃいけないビッグなプレゼント……
それは炊飯器❗❗

実はメキシコ、米も食べます。
もちろんジャポニカ米ではなく、タイ米ジャポニカ米の中間のような米ですが、日本の炊飯器で問題なく炊けました❗
炊飯器はぺぺ自身、最も気に入った電化製品のひとつで、当初から家族にプレゼントすると言っていたのです😃

炊き上がりと味に、一同感動してくれました✨

初回はこのような、少々ベタなお土産を持参した私たちなのでした😆

🌸おまけ🌸

ちなみに、どうやって運んだか……
炊飯器はずばり、洋服でくるんで、買った時の箱ごとスーツケースへ!
「預けたら?」といったのですが、ぺぺ曰く
「だれも信用できない」
ということで、この方法に。
せっかくのお土産が“紛失”するのを避けるため、なるべく預けないほうがいいみたいですね!
桜のカップとタオルも、普通に紙袋に入れて機内持ち込み。
万全を尽くしました。
ご参考までに………♥️

ギリギリまでやらないメキシコ人

またしても、1ヶ月空いてしまった……!!
そして、気づけば令和スタート✨
新時代もこちらのブログ、よろしくお願いします☺️

わたしは体調も回復し、
ゴールデンウィークは、久々に休みだったので、実家に帰っていました。
しかし、最終日の夕食後、1人だけ胃を壊すという……つらい。。今も引きずっています……。

さてさて、今日から仕事の人も多いのではと思いますが、今日は表題のメキシコ人の習性?について。

メキシコ人、本当に、やるべきことはギリギリまで後回しです。
クリスマスのプレゼントでさえ、24日に大行列作って買い漁ってます。
宿題もギリギリ、提出物もギリギリ、そしてぺぺは仕事の準備もギリギリ!!

いつも前日の夜はじめます。

これには私はいつもイライラ(笑)

私「なんでもっと前もってやらないの!」
ぺぺ「だってすぐ終わるんだもん」
私「結局私が手伝ってるじゃん!」
ぺぺ「なんでやらなかったのって言うのは全く助けにならない!」
私「ぐおぉぉ~(言葉にならないいらいら)」

しかし、提出物などはいつもギリギリに出してたりしたら、日本社会では信頼なくすよってことをこんこんと説明したことと、今回ゴールデンウィーク最終日に疲労のなか準備したのがよっぽど辛かったようで、
昨日はついに

「ぼく、日本人にならなきゃ……」

と、自分に言い聞かせるように呟いたぺぺなのでした。
まあ、いきなりは変わらないだろうけど、準備は前もってしたほうがいいよ!

とにかく楽しいこと、やりたいことからするのがメキシコ人。すべきことから手をつける日本人とは逆ですね。
やらなきゃいけないことをなかなかしないので、見てる私がハラハラ・イライラ。

例えば「来週ください」って言われたら、ぺぺは大概、来週金曜の夜に渡せばいいよね🎵って感じです。
でも、それって違うよ!っていうのを説明してわかってもらうのがなかなか難しい。

最終的には、
「日本社会では信頼を失う」
という説明で納得してもらった感じですな……。

生活習慣はさておき、ビジネスルールは自分がすんでいる国に合わせたほうがいいですよね。

文化の違いは時にイライラ・ハラハラを巻き起こすという話でした😂なかなか難しい~😂😂

新元号!

こんばんは⭐︎

時間的には「昨日」になりますが、ついに新元号発表されましたねぇ〜🌸

意外な感じでしたが、個人的に響きが好きです。

新しい幕開け、ですね!!

このブログも、新元号でもどうぞよろしくお願いします🌸

 

さてさて、私ごとですが、ちょっくら入院などしておりまして、今はすっかり回復!となるまであと一歩のところです(・∀・)

 

今回はちょっとブレイクタイム編?ということで、

ぺぺと結婚して良かったことを書いてみようかと思います。

あえてぺぺと…と書いたのは、外国人・日本人というくくりではない部分が、結婚のばあいはやっぱりあるなあと思うからです。

 

私はまったく偉そうにあれこれ言える立場ではないですが、これから結婚を考える人とか、外国人と結婚を考える人とかの参考に少しでもなれば……とおもいました。

このブログ自体、大きくそういう思いを込めています😊

あと、身体を壊すとパートナーの本当の姿?というか、ありがたところが浮き彫りになりますね。そういう特殊なメンタル?になったので、この機会に書きます。

 

①自分語を理解してくれる&ふたり語がある

例えば何か一緒に映画を見て、登場人物のセリフとかものまねをふと披露した時などに、すぐ分かり合え、笑いあえるっていいですね!

「は?なにそれ?」とかいう反応しか返ってこないのは、実は「合ってない」のかも?

連想ゲームみたいに「これってアレみたい」とか言った時も、すぐピンときて笑えるのがとても好きです✨

 

②おいてけぼりにしない

何か一生懸命奮闘してる時に手伝ってくれます。

実際入院中に、血栓予防のための着圧ソックスを履かなくちゃいけなかったのですが、これが硬くて上がらない!

横からぺぺが手伝ってくれる姿を見て、看護婦さんが、

「手伝う旦那さん初めて見ました!大体、俺よくわかんないから〜とかいってノータッチなんですけど!優しいですね〜〜」とびっくりしていました(笑)

もちろん全員が全員そうじゃないと思いますが、そういうところ、大事ですよね〜〜。

 

③男女の役割分担に固定観念がない

これは欧米人男性、だいたい共通かもしれませんね?

共働きなら家事分担は当たり前!それは奥さんにやってほしい、みたいな変な憧れが無いので、とてもいいです。

ちなみに、部屋着がスエットだと引く、とか、家でも綺麗でいてほしい、とか、そういうのも無いです。たまに、日本のそういう恋愛ネタ記事を読むと本気でびっくりしているぺぺです。

 

④おしゃべり大好き!聞き上手

女子みたいにしゃべるし、こっちの話を聞いてくれる!

これは大きいです。

上の空だったりカラ返事だったことはありません。

いつも話を聞いてくれる=信頼ですね⭐︎

 

⑤好きなものを覚えている&覚えようとする

これは嬉しいですね😊

好きといったものは覚えていてくれます。

たまにお父さんみたいに情報が更新されてないこともあるけど……笑

もちろん私もぺぺの好きなものを覚えていますよ😊

そして嫌いなものもね!これも重要✨

 

とまぁ、他にもいろいろありますが、多分国際結婚だろうが、日本人同士だろうが、共通することではないかなぁと思うのです。

それが出会った時から自然に、っていうのが1番いいですよね⭐︎

実はこういう人って、いい友達とか思いがちかもしれませんが、実はソウルメイトはビビッとこないそうですよ(´∀`=)

むしろ一回スルーしちゃったりするそうです(・∀・)

 

これはかくれスピ要素もあるブログなので、今回はこんな感じで、ふわっとスピな方向へ連れて行って締めくくろうかと思います(笑)

 

最後に、コメント欄にコメントくださり、ありがとうございます⭐︎

私に答えられることはなるべく答えさせていただきます。

 

それでは、皆さん、健康第一で!

健康って素晴らしいですよ〜〜🤗

 

カボのお寿司はうまかった

おおぅ!油断してたらもう3月も終わりに近づいていました!!

私の今年も目標である、ちゃんと頻繁にブログを更新するというミッション遂行のために、もう一度身を引き締めるんだ、わたし!!

 

というわけで、前回のグアダラハラからびゅんっと飛んで、今日はカボのお寿司やさんの話です。

 

ところで、本題に入る前に、スペイン語豆知識。

しかもカボや観光とは、ぜんぜん関係ない(笑)

 

私、アメリカのドラマが大好きで、特にFBIものとか事件解決ものがだーいすき。

よくぺぺも私に付き合って一緒に見てるのですが、こないだ、クリミナルマインドを見ていた時に、このドラマで頻繁に登場する単語のスペ語バージョンを教えてくれたのです、それがもう、かわいくてかわいくて・・・💖

それは、

「スィコ・パタ」

これ、なーーんだ??

正解は・・・・・・

 

 

サイコパス!!!!

 

サイコパスはスペ語で、シコ・パタ!!!

かわゆす!!!!!

 

かわいすぎてすぐ覚えたけど、ぜんぜん日常で使えねぇ!!!

むしろ使う場面に出くわしたくない!!!!

 

という、使用率が限りなく低そうなスペ語習得の話でした(笑)

 

さ、本題です。

カボでももちろん、日本食の代表「スシ」は大人気!

が。、もっちろん、現地バージョンに改造されています。

これまで海外で改造されたスシを何回か食しましたが、カボのこのお寿司は、私的に大合格!!!!

 

日本にあっても人気になりそうかも!?

と思うほどでした。

 

レストランの名前は、その名も「sushi Koi」。

コイは魚の鯉です。

 

店内は例に漏れず?、壁には松や鯉の絵、厨房方面には鳥居的なデザインの入り口などなど、日本をフィーチャーしてくれた素敵な内装となっていました。

そこで提供されているお寿司が、これ。

f:id:pepeaiko:20190321220829j:plain

はい、特製ドレッシングがかかっています。

このメニューの名前はRetty。由来は不明(笑)

私のお気に入りとなりました!

 

乗ってる魚は何かわからないけど赤身系とエビ。だけどぜんぜん臭くない!

こちらでは魚の種類で注文するというよりは、味や何が乗ってるかで注文って感じですかね・・・

ドレッシングも、スパイシーな感じで美味しいのです!!アボカドが挟み込まれてるやつもあったりして、サラダスシ的な、カルパッチョみたいなオシャレな味で、この一皿が一人前。でもこれでお腹いっぱい・・・。

味噌汁や焼き飯もありました!

味噌汁は、西洋のスープ風に、お皿の上にお椀を乗せて提供されるのが面白かったです(・∀・)

 

ちなみに、緑茶もある!

しかし、「砂糖抜きで」で事前に言わないと、砂糖入りの緑茶が運ばれてくるのでご注意ください。

私はカナダ留学経験からピンときたので(笑)、注文時に

「砂糖入ってますか?」と聞いたら

「はい」

って言われたので、

「砂糖なしで!」

といったら。

「おお〜〜、さすが日本人」

と妙に感心されましたよ(笑)

 

異国で飲む緑茶は特別でした・・・⭐︎

 

このレストラン、場所はショッピングモールの中にあって、ザ・ローカルが知る場所って感じでした。そして、車がないといけない・・・

これがカボのジモティと結婚した特典かな(´∀`=)笑!? 

 

グアダラハラで観光②

前回に引き続き、グアダラハラで訪れた観光地をご紹介⭐️

 

今回は、「オスピシオ・カバーニャス」というユネスコ世界遺産に登録されている史跡です!

 

19世紀に建てられた孤児院で、現在は文化会館として使用されています。

f:id:pepeaiko:20190223152123j:plain

 

入館料、外国人は2倍です。笑笑

 

こういうところ、いいと思います。

観光は、ローカルこそ優遇されるべき、と私は思います。

 

ちょっと話逸れましたが・・・。

 

中の創りは広場を囲んで回廊のようになっていて、たくさんのパティオがもうけられたとても美しい創りです。

スペイン仕様ですね。

f:id:pepeaiko:20190223145254j:plain

中央に見えている白い棒みたいなのは、人差し指のモニュメント。

現代アートですね。

 

回廊はこういう感じ。

f:id:pepeaiko:20190223145700j:plain

f:id:pepeaiko:20190223145725j:plain

↑こちらはパティオへの扉です。奥がパティオ。

ただ、入ることができないパティオは結構多いので、この入り口から覗くって感じで見ることができました。理由は修復中とかだっかな?

 

こういうおしゃれなカフェも入っちゃってます。

こういう場所でカフェでまったり、いいですねぇ〜〜(*^_^*)

f:id:pepeaiko:20190223150016j:plain

あ、ちなみにポインセチアはメキシコ原産だそうですよ!

メキシコでの名前は「ノチェ・ブエナ」です。

ポインセチアは何語だろう???

 

↓ほかの席もおしゃれ♪

f:id:pepeaiko:20190223150400j:plain

 

私はこの、ポップな青い飲み物を注文してみました。

味はレモンサイダー的なさっぱり美味しいドリンクでした⭐️

f:id:pepeaiko:20190223150537j:plain

 

さて、このオスピシオ・カバーニャスで有名なのは、メキシコ芸術の巨匠といわれる

ホセ・クレメンテ・オロスコの壁画です。

f:id:pepeaiko:20190223150916j:plain

「キレイ・・・!」とかってわけではないですけど、迫力は凄かったです。

 

他にも現代アートのブースが結構あって、長い時間楽しめます。

私のお気に入りの作品↓↓

f:id:pepeaiko:20190223151848j:plain

作品は、カメラに収めてもオッケーなのとNGなのに分かれていますので、撮影の際は気をつけて⭐️

 

グアダラハラに行かれた際は是非行ってみてほしい場所の一つです(・∀・)💖